すね毛を剃ると濃くなるのは本当?対策を教えて!

guy-791395_640.jpg


すね毛処理の代表的な方法の一つに『剃る』というものがありますよね。この剃るという行為ですが、自宅で手軽に行える反面、剃ることで濃くなるともいわれています。すね毛を処理したいと思って剃っているのに、逆に濃くなるのは嫌ですよね?そこで、今回はすね毛を剃ると毛は濃くなるのか?、という疑問について迫ってみたいと思います。

すね毛を剃ると濃くなるのは本当か?


すね毛を剃ると逆に濃くなるという話は昔から聞きますが、実際にはどうなのでしょうか?これは、半分はウソであり、半分は真実といったほうが正しいのかもしれません。すね毛の剃り方にもよりますが、基本的には『濃く見える』ということはあります。

すね毛というのは、一度剃って伸ばした毛とそのままの状態で残しておいた毛を比較してみるとわかりますが、一度剃った毛のほうが太く、そして濃く見えます。ただし、濃くなったではなく、あくまでも濃く見えるようになっているだけです。

その濃く見えるからくりは非常に簡単なものですが、すね毛を剃るということは一度根元で毛を切るということですよね?そして、基本的に毛の先端と根元のほうでは根元のほうが太いわけです。これは髪の毛を見てもらえばわかると思いますが、先端のほうが細いのが理解できると思います。

そして、その剃ったすね毛というのは、太い状態からそのまま伸びてくるため、これにより毛が濃くなったように見えるのです。実際には太さそのものは、変わってはいないものの、根元の太い部分が先端になったことでこのような現象が起きます。

すね毛を剃る方法を間違えると本当に濃くなる可能性もあるので要注意


『濃く見えるだけなら、すね毛を剃るのに気を使う必要はないな』と安心している方もいると思いますが、実はすね毛は剃り方によっては本当に濃くなる場合もあるのでこの点は注意しておきたいところです。本当にすね毛が濃くなる大きな理由に毛が外敵から身を守ろうとする力が働くことが挙げられます。

これは、すね毛処理でいったらカミソリなどで肌を傷つけるような剃り方をした場合などが該当しますが、毛というのは本来、さまざまな外敵から身を守ろうとするためにある器官です。そのため、肌を傷つけるような剃り方をすることで、すね毛が肌を守ろうという力を発揮して以前よりも濃くなるケースがあります。

このような状況になると本当にすね毛が濃くなっているため、すね毛を剃る時には肌に優しくアプローチをかけていくことが大切です。カミソリを力いっぱい押し付けて剃ったり、毎日すね毛処理をするなどのやり方は肌に対して非常にストレスがかかるため、注意するようにしましょう。

すね毛を剃った後には保湿クリームなどを活用しよう!


すね毛を剃る時に肌を傷つけないようにといわれても、実際には肌に直接カミソリなどを当てるため、無傷というのは難しいですよね。そのような時は、すね毛処理を終えた後に肌荒れなどを防ぐ目的で保湿クリームなどを使用するようにしましょう。

このような対策を施すことで、肌の傷みを最小限にとどめることが可能となり、健康的な肌を維持しやすくなります。また、すね毛処理の際にいつもカミソリ負けをしてしまい、肌がかゆくなるという方はオロナインやかゆみ専用のクリームなどとの併用もおすすめです。
posted by 男性の脱毛 at 10:19日記

すね毛脱毛の特徴とは?本格的な脱毛は専門の施設がおすすめ!

adult-1851265_640.jpg


すね毛だけなく、体毛が濃い男性は一度は考えたことがあると思われる脱毛。現在は、さまざまな脱毛方法がありますが、この脱毛の意味をしっかりと答えられる方というのは意外と少ないのではないでしょうか。

そこで、今回は脱毛の基礎や、すね毛脱毛のさまざまな方法を取り上げてみたいと思います。

脱毛の意味を詳しく教えて!他の用語との違いは?


すね毛処理の情報を調べていると脱毛の他にも除毛、抑毛などの言葉が出てくることがよくありますよね。どれも似たような言葉だから同じではないの?、という方もいますが、それぞれの用語は全て違う意味を持っています。

まず、脱毛というのは毛を毛根から取り除くという意味であり、自宅で自己処理をすることも可能ですし、エステクリニックなどで施術を受けることもできます。身近なすね毛処理で見てみると、毛抜き、ピンセットなどは脱毛に当てはまりますね。

また、名前の通り、家庭用脱毛器なども脱毛に属する処理方法であり、除毛との違いは毛根から処理するか、しないかの違いです。除毛はすでに表面にある毛だけを処理する方法であり、除毛剤というクリームを使用したりカミソリシェーバーなどでの処理が除毛に当てはまります。

自宅で行うことができる脱毛はやり方も簡単であり見た目的にも処理できたという実感を得やすいですが、やはり道具や環境が整っていないため、毛穴が開いたり炎症などになりやすいというデメリットがあります。

すね毛脱毛をプロにお任せ!サロンの脱毛と医療用レーザー脱毛の違いとは?


自宅での脱毛は出費もそれなりに抑えることが可能ですが、前述のように肌に異常が現れたり、炎症が怖いという方もいると思います。そのような方は専門知識を持ったスタッフがいる施設での施術がおすすめですが、脱毛といっても色々な方法があります。そこで、ここではすね毛脱毛でよく行われている、サロンでの脱毛と医療用レーザー脱毛の違いについて解説したいと思います。

サロンで行う脱毛と医療用レーザー脱毛の違い1~使用するレーザー~


医療機関で使用されている医療レーザーとエステサロンで使われているレーザーの違いは、照射パワーにあります。これは結論からいうと医療用レーザーのほうが強力なレーザー治療を施すことができるのですが、その理由としては医療機関で行っており、万が一施術でトラブルがあった場合にすぐに医師が駆けつけることができるためです。

そして、エステサロンは法律の問題もあり、長期的な効果を得ることができる脱毛治療を行うことは許されていないため、医療用レーザーと比較すると低出力のマシンのみしか使用できないのが大きな特徴です。

どちらが優れているかはさまざまなポイントがあるため、一概にはいえないですが、普通のサロンで効果が実感できなかった場合に、最後の砦として医療機関での施術を受けるという流れが一般的ではないでしょうか。

サロンで行う脱毛と医療用レーザー脱毛の違い2~痛みの問題・料金~


サロンでの脱毛と医療機関での脱毛での違いは痛みの程度や料金も若干変わってきます。まず、痛みに関しては、効果が高い分、医療用レーザーのほうが痛いとされています。これは、前述のように照射出力の高いレーザーで毛を再生させる組織にアプローチをかけていくという方法のため、どうしても痛みを感じることが多いようです。

しかし、逆の考えで痛みがあるからこそ大きな効果が実感できるともいえます。また、痛みが苦手な方には麻酔を使用することも可能なため、この点において不安な方も安心して施術を受けることができます。

料金の違いに関してですが、これは単純に1回の施術で計算するならばサロンのほうがお得になることが多いです。しかし、サロンの場合は、使用されているレーザー機器のパワーが低いため、医療機関と比較すると通う回数が多くなります。一方の医療用レーザーは性能が優れているのがメリットでもありますから、数回の施術で満足な仕上がりにすることも可能です。

専門の施設でのすね毛脱毛はしっかりと比較をすることが大切


今回はすね毛の脱毛関連の情報を解説してきましたが、専門のサロンや医療機関で施術を受ける場合の注意点は、自分が納得できる施設をしっかり見つけることです。と、いうのも専門施設で行うすね毛脱毛の場合は料金が非常に高いです。

もちろん、施設や回数で料金差がありますが、本格的な脱毛を行うとなると5万円~20万以上かかることが多いです。決して、安い金額ではないため、事前に比較サイトで情報収拾してからサロンを決めるようにしましょう。

こちらのサイトが参考になります。
>>男のすね毛脱毛費用は?大手エステサロン・クリニックの料金を総まとめ
posted by 男性の脱毛 at 10:17日記

すね毛を薄くするのにおすすめの方法とは?メリット・デメリットも解説!

legs-791520_640.jpg


肌の露出が多くなるシーズンになると特に気になるすね毛の問題。すね毛が濃いことから、海やプールに行くのもためらってしまうという方も多いと思います。そこで、今回はそんなすね毛の濃さを気にする方に向けて、すね毛を薄くする方法などをまとめましたのでご覧ください。

すね毛を薄くする3つの代表的な方法とは?


すね毛処理をしたくても『どのような方法で処理すればいいのわからない』という方は意外と多いです。また、一度試してみたけど自分に合わなかった方法を実践してしまったため、それ以来泣き寝入りをしているという声も聞かれます。

そのような方は今から紹介するすね毛を薄くする複数の方法から自分に合っていそうなすね毛処理を試してみてください。それではすね毛を薄くする方法を一つずつ見ていきましょう。

抑毛剤を使用して薄くする


すね毛を薄くする方法としては割とポピュラーでもある抑毛剤。すね毛が濃くなる原因の一つに男性ホルモンの過剰分泌があり、この影響により男性は女性と比べると体毛が多くなります。

そして、抑毛剤の特徴というのは、その男性ホルモンの働きをイソフラボンで抑制することです。イソフラボンというのは大豆などに含まれている成分ですが、イソフラボンは体内に入ることで女性ホルモンと似たような効果を発揮することがあります。

つまり、抑毛剤を塗ることで女性ホルモンに似た働きを活発にさせ、逆に男性ホルモンの働きを抑えることで、毛の成長を遅らせたり細くしたりすることができる可能性があるわけですね。

抑毛剤を使用するメリットは肌に負担がかからない、脱毛サロンに通うよりも安い出費で済む、などが挙げられます。しかし、個人差はあるものの、はっきりとした効果が実感できるまで1ヶ月~3ヶ月ほどの時間がかかるというのがデメリットでもあります。

医療クリニック・エステサロンで施術を受ける


近年では男性の方でも脱毛サロンなどに通う方が増えてきましたね。医療クリニックやエステサロンと聞くと『完璧にツルツル』の状態にするというイメージがありますが『薄くする』ということももちろん可能です。

このような専門のクリニック、サロンで施術を受けるメリットというのは、やはりスタッフ1人、1人がしっかりと専門知識を持っているため、安心、安全にすね毛を薄くすることができる点です。

もちろん、確かな効果を感じるという方も多いです。しかし、脱毛などのプロに処理を任せるということもあり、すね毛などの部位は1回あたり平均で1万5000円ほどの料金がかかるのがデメリットといったところでしょうか。

自宅で家庭用脱毛器を使用する


専門のクリニックやサロンに通うお金がないという方は自宅でも使用できる家庭用脱毛器を使用するのもおすすめです。家庭用脱毛器は脱毛器の知識がない方も安全に使用できるように、熱量を抑えてあるのがポイントです。

そして、濃いすね毛に対しては効果的にアプローチをかけることができ、薄く目立たないすね毛に関してはそのまま残すことができるため、すね毛を薄くするという目的を果たすには適しています。

デメリットとしては自宅で自分で行うため、しっかりとした専門知識を持っていないと間違った処理方法になりいつまで経っても効果が現れないなどの状況になりやすいことです。また、熱量の低さが影響して毛にしっかりとしたアプローチをかけることができなかったという声もあります。

すね毛を薄くする方法は探すと色々とある


今回はすね毛を薄くする代表的な方法を3つ紹介しましたが、すね毛処理の方法というのは意外と周りを探してみると多くあることに気が付きます。例えば『専門のサロンに行くお金などないよ!』という方などは、現在は100円ショップですね毛を処理する道具やアイテムも並んでいるため、まずはそのような低出費で処理することができる方法を試してみるのもおすすめです。

その方法で効果が実感できなかった時に、初めて専門家に相談することを考えてみるのもいいでしょう。すね毛といっても毛の強度、太さなど個人差がありますから、自分のレベルに合った処理方法を実践することが最も大切となります。
posted by 男性の脱毛 at 10:16日記