すね毛を抜くときにガムテープを使用するのはNG!その理由とは?

advertising-1845698_640.jpg


すね毛を抜く方法の一つにガムテープを思い浮かべる方がいると思います。よく、処理の仕方がわからない方などが一度は試したことがあるガムテープ脱毛ですが、このガムテープ脱毛は数あるすね毛処理の中でもNGとされている行為です。今回は、すね毛を抜くときにガムテープを使用してはいけない理由などをまとめましたのでご覧ください。

すね毛を抜くのにガムテープは絶対ダメ!その理由は?


ガムテープを使用したすね毛処理というのは、昔からあるやり方の一つですが、昔も今もガムテープ脱毛はNGとされている代表的なすね毛処理方法の一つです。早速ですが、ガムテープですね毛を抜くのがNGな理由をいくつか取り上げてみましょう。

すね毛を抜くのにガムテープがNGな理由1~肌への負担が大きい~


ガムテープですね毛を抜くというのはテープの粘着面に毛を付けてはがすような勢いで脱毛していくため、非常に『痛い』と感じることが多いです。この、痛いと感じることからもイメージできると思いますが、ガムテープ脱毛は非常に肌への深刻なダメージが懸念されるすね毛処理方法でもあります。

また、ガムテープで効率よくすね毛だけを処理できればいいのですが、最悪の場合は肌の角質まで一緒にはがしてしまうため、これが原因で肌荒れを起こす可能性も指摘されています。安全にすね毛を抜くことができる、という方法でないところがガムテープ脱毛がNGとされている大きな理由の一つです。

すね毛を抜くのにガムテープがNGな理由2~毛穴が大きく開き雑菌が侵入~


ガムテープですね毛を抜くというのは、力任せもいいところですから当然毛穴も大きく開く可能性が大きいです。そして、その大きく開いた毛穴を放置しておくとそこから雑菌が侵入してきてさまざまな肌の異常を引き起こす可能性もあります。

具体的には、毛穴が雑菌などにより炎症を起こすと、その炎症部分を修復する力が働くため毛穴を塞いでしまい、その状態を放置しておくことで最終的には埋没毛となってしまうケースなどが該当します。

この埋没毛は無理やりほじくり返そうとすると、皮膚に余計に傷が付き、最悪の場合は出血を伴ったり、かさぶたが形成されて色素沈着を起こすこともあります。埋没毛は基本的には放置しておくことでも改善できるため、体に重要な害を与えることはないですが、見た目も綺麗にしたいという方にとってはガムテープ脱毛というのは決してベストな選択ではないでしょう。

すね毛を抜くのにガムテープがNGな理由3~逆に毛が濃くなる~


ガムテープ脱毛は前述のように毛穴を大きく開いてしまうというデメリットがあります。この状態になると、炎症などの心配の他にも、逆にすね毛が濃くなる可能性も出てくることになります。毛穴が大きくなるということは、その分毛が生えてくるスペースも広くなったということですから、以前よりも大きくて太い毛が生えてきやすくなるわけですね。

また、酷い時には一つの毛穴から複数のすね毛が生えてくる可能性も指摘されているため、処理直後はスッキリとした見た目でも、しばらく放置しておくと以前よりすね毛が濃くなってしまったという事態にもなりかねないでしょう。

すね毛脱毛は必ず安心・安全な方法で実践しよう


今回は、ガムテープですね毛を抜くことの代表的なデメリットを取り上げてきましたが、いかがでしたでしょうか?すね毛処理の方法は色々ありますが、どの処理の仕方もメリットとデメリットがあります。

しかし、ガムテープですね毛を抜くという方法は基本的にはデメリットしか存在しないため、仮にすね毛処理の道具やアイテムを所持していない場合でも絶対に行わないようにしましょう。

幸いなことに、すね毛処理の方法というのは脱毛サロン、家庭用脱毛器、カミソリ、バリカン、除毛クリームなど探せば豊富にあります。すね毛処理で大切なのは如何に、肌に負担をかけずに安心、安全に処理できるかということです。初めて、すね毛処理を行う方などはぜひ参考にしてください。
posted by 男性の脱毛 at 10:23日記

すね毛をバリカンで処理する方法はおすすめ!その人気の秘密とは?

hammock-425773_640.jpg


自宅で気軽にすね毛処理をしたいという方に人気なのがバリカンを使用した方法。基本的にバリカンは髪の毛を整えるために使用されるイメージですが、現在ではすね毛処理に適したバリカンも開発されており、すね毛の処理方法の幅も広がっています。今回は、バリカンのすね毛処理の効果やメリット、注意点などを取り上げていきたいと思います。

バリカンはすね毛の長さを調節できるのがポイント


すね毛処理をバリカンで行う方法ですが、他の処理方法にはないメリットとしてすね毛の長さを調節できるというのがあります。これは自分の思い通りのすね毛の長さにしたいという方には非常におすすめであり、バリカンのアタッチメントを変えることで長さを自由自在に調節することが可能です。

調節できる長さというのは、バリカンを製造しているメーカーや種類により多少の違いはあるものの、3mm~20mmのアタッチメントが付いていることが多いです。また、種類によってはすね毛をすくことができるアタッチメントも付いているため、如何にもすね毛を処理しました的な見た目もなくすことができます。長さも自由自在に変更でき、すくアタッチメントも付いているバリカンを1台所持していれば、カミソリやハサミなどは不要といっても過言ではないアイテムではないでしょうか。

バリカンですね毛処理を行う時の注意点とは?


他のすね毛処理アイテムと異なり、柔軟性の高さが人気ともいえるバリカンですが、使用する時の注意点などもしっかり把握しておきたいところです。バリカンですね毛処理を行う時に最も注意しておきたい点ですが、それはアタッチメントの使い方です。これは、初めてバリカンですね毛処理をする時にありがちなミスですが、最初から短いアタッチメントですね毛を処理してしまう方が多いです。

例として、1回目から最も短い3mmのアタッチメントを使う方がいますが、これでは仮に長さを修正したいと思った時にはもう調節することは不可能です(短すぎるからもう少し長くしたいと感じた時など)。このような事態を避けるためにも、初めてバリカンですね毛処理を行う時は最も長いアタッチメントから使用していき、その後の見た目が不満であれば少しづつ短いアタッチメントに切り替えて処理をしていく方法をとるようにしましょう。

バリカンの平均的な価格はどれくらい?


前述のようにバリカンにはメリットもあれば、使用上の注意点もありますが、すきバサミなどで処理する方法よりも時間を短縮することができるため、日々の仕事などで忙しいという方にも最適です(個人差はあるものの約20分~30分での処理が可能)。

バリカンを現在、持っていない方はこれから購入することになると思いますが、バリカンの平均価格は2,000円~5,000円ほどが中心となっています。この初期費用に関しては、すきバサミなどが約600円前後ですから自宅で行うすね毛処理の方法としては高い部類に入ります。

しかし、バリカンは脱毛サロンなどと異なり故障しない限りは最初の購入費用のみで済ませることができるため、大事に手入れを行うことで長期に渡り使用することが可能です。長さが調節できたり、すくことができるなど柔軟性の高さを考えると所持しておいても損はないでしょう。
posted by 男性の脱毛 at 10:21日記

すね毛の脱色のメリット・デメリットを理解しておこう!

old-shoes-1773303_640.jpg


脱毛や剃る、すくなどすね毛処理の方法はさまざまではありますが、そのうちの一つに脱色があります。すね毛で悩む方の中には一度は試したことがあるという方もいるかもしれないですね。このすね毛を脱色するという方法は、実際には効果があるのでしょうか?

今回はすね毛を脱色することのメリット・デメリットをまとめましたのでご覧ください。

すね毛を脱色するメリットとは?


すね毛の脱色というのは、髪のブリーチとほぼ同じではありますが、すね毛の場合は髪よりもさらにしっかりと色を抜いてすね毛が目立たないようにします。すね毛脱色のメリットですが、毛抜きやレーザー脱毛などとは異なり痛みを伴わないことです。また、カミソリなどで剃った時特有の中途半端なチクチクした痛みを感じないこともメリットの一つに挙げられるでしょう。

すね毛の自己処理の代表的な方法となる『切る』『剃る』『抜く』などの行為はなく、あくまでも色を抜くだけなので毛の量そのものは全く変わりませんが、何もしないよりもスッキリとした印象を周囲に与えることができます。また、本格的な脱毛サロンなどで施術を受けるよりもはるかに出費を抑えることができるのもメリットです。

すね毛を脱色するデメリットとは?


すね毛の脱色メリットを取り上げてみましたが、続いてはデメリットを解説していきたいと思います。すね毛を脱色するデメリットはいくつかありますが、代表的な弱点としては毛が非常に多い方や濃い方の場合は逆に目立つことがあります。

これは、すね毛が濃いことが悩みの種という方には非常に不利な点ではありますが、脱色のケースになると産毛程度の毛はごまかせても立派な男性の濃いすね毛では、ごまかしきれないということが多々あります。

また、ブリーチ剤というのは肌に対して刺激が強い商品が多いため、体質によっては肌トラブルなどを引き起こす可能性もあることを理解しておかなければいけません。そして、脱色ですね毛を目立たないようにする方法をとった場合は毛の成長に合わせてその都度脱色を繰り返す必要があるため、手間がかかるという点もデメリットとなります。

脱色を実際に行った方の中には『中途半端に毛が伸びてきたせいで2色のすね毛が誕生して非常に見栄えが悪い』という声も聞かれます。細かなすね毛ケアが好きという方であれば、苦になることはありませんが、同じことが続かないという方には不向きな方法ではないでしょうか。

すね毛の脱色は基本的には一時的な措置として行うのがおすすめ


今回は、すね毛の脱色のメリット・デメリットをいくつか取り上げてきましたが、脱色には確かにメリットもあります。しかし、肌への負担や毛の成長に合わせて不自然な見た目になってくるなどのデメリットを考えると、あくまでも脱色というのは一時的な措置として行うのがおすすめだと感じます。

一時的な措置というのは、例えば、脱毛サロンに通うお金がないため、資金が貯まるまでの期間のみ脱色を行うなどですね。自宅で脱色が行えるのはメリットですが、それならば保湿ケアをしっかりした上で、剃ったり、すいたりしたほうが見た目的にもムラがなくなります。

もちろん、最終的には好みの問題でもあるため、脱色を試して気に入ったという方は、そのまま継続してもいいでしょう。すね毛の脱色を今回、初めて知ったという方などはぜひ参考にしてみてください。
posted by 男性の脱毛 at 10:20日記