すね毛が長い状態だと処理が大変・・・解決法を教えて!

shoes-811404_640.jpg


すね毛処理をする時の悩みの一つに『毛が長いため、絡まりやすく処理しにくい』というものがあります。確かに、これはすね毛が長い男性であればよくわかる悩みともいえます。毛が絡むと手間と時間もかかるため、対策法があれば試してみたいところではありますよね。

そこで今回は、すね毛が長い方におすすめの処理の仕方などを紹介してみましょう。

すね毛が長い方におすすめの処理方法を紹介!


早速、すね毛が長い方のための、スムーズな処理ができるポイントを取り上げていきましょう。ちなみに、この方法は通常のすね毛の長さの方も実践することができるため、ぜひ参考にしてみてください。

【ポイント1】すぐに剃らずにハサミで適度な長さにカットする


すね毛が長い場合の一番の問題が毛が絡みやすいという点です。そのため、まずはハサミで処理しやすい長さにまでカットしておくことをおすすめします。これはすね毛が長い方にとっては大事であり、この処理をしておくことで後々の剃毛が楽になります。

この際に注意しておきたいことは、ハサミで肌を傷つけないことです。当たり前ですが、肌に傷を付けることで雑菌などの侵入を許しやすくなり、炎症などを起こす可能性があるためです。

【ポイント2】肌や毛に水分を与えてすね毛を処理しやすい環境を作る


適度な長さにまで調節できたら、今度は処理する箇所の肌やすね毛に水分を与えてあげましょう。こうすることで、毛が柔らかくなり実際の剃る工程においてもケンカせずに処理することが可能となります。

水分を与える方法はお風呂で大丈夫です。お風呂であれば、肌や毛に付着している汚れなども一緒に落とすことができ、毛穴から雑菌などが侵入する可能性を軽減させることもできます。

そして、お風呂から出たら、今度は蒸しタオルを肌に当てて蒸らしていきます。蒸しタオルを使用することで、肌の角質を浸軟させ毛穴を開くことができますが、すね毛処理は毛穴が開いてたほうが肌への負担も軽減できるため、この作業は意外と重要です。

【ポイント3】クリーム、シェービング剤を必ず塗ってから剃る


ポイント2まで終了したら、いよいよすね毛を剃っていくことになりますが、剃る前にまずはクリームシェービング剤を必ず肌に塗ってから剃るようにしましょう。この作業を忘れると、肌への負担が非常に大きくなりカミソリ負けや痛みの直接的な原因につながります。

そして、クリームを塗り終えたら、剃っていきますが、この時も肌への負担を考慮して優しく撫でるような剃り方で処理するようにします。すでにクリームや蒸しタオルで力を入れなくても、剃りやすい状態になっているのでこの点は安心しても大丈夫です。

また、何度も同じところを剃るのも肌にダメージを与える原因となるため、一度剃ったら別の箇所に移動して、少し時間を空けてまた剃るという順序を忘れないようにしましょう。綺麗に剃り終わったら、最後の仕上げの保湿に入ります。

保湿クリームを剃った部分全てに塗るようにしましょう。このアフターケアを忘れると毛嚢炎といって毛穴の奥にある毛包に細菌が入り炎症を起こす可能性もあるため、しっかりと手入れを行ってあげることが大切となります。

ツルツルが嫌だという方は毛を間引くアイテムを使用しよう!


今回はすね毛が長い方に役立つ処理のコツなどを解説してきましたが、前述の方法はカミソリで剃ることを前提としているため、必然的にツルツルの状態となります。そのため、ツルツルは嫌だという方は『この方法はムリ・・・』と思うことでしょう。

このような方たちにおすすめなのが、近年注目を集めつつある毛を間引くことができる道具です。間引くとは、すね毛を全て処理せずに適度な量を残しつつ、薄く整った状態に見せることができる方法ですが、具体的にはすきバサミすきカミソリなどが該当します。

もちろん、これらの便利な道具を使う時も、肌に負担をかけないようにすることが大切となるためケアの仕方などは前述の、おすすめの処理方法を参考にするようにしましょう。最初のうちは大変かもしれないですが、慣れてきたらスムーズに行えるようになります。興味がある方は、ぜひ一度試してみてください。

それさえも面倒」という方は、お金をかけてでもメンズ脱毛サロンに通うしかないですね。お金はかかってしまいますが、その分、安全で効果的な脱毛をすることが出来ます。

メンズ脱毛を比較検討するならこのサイトがお勧めです。
>>はじめてのメンズ脱毛