すね毛を抜くときにガムテープを使用するのはNG!その理由とは?

advertising-1845698_640.jpg


すね毛を抜く方法の一つにガムテープを思い浮かべる方がいると思います。よく、処理の仕方がわからない方などが一度は試したことがあるガムテープ脱毛ですが、このガムテープ脱毛は数あるすね毛処理の中でもNGとされている行為です。今回は、すね毛を抜くときにガムテープを使用してはいけない理由などをまとめましたのでご覧ください。

すね毛を抜くのにガムテープは絶対ダメ!その理由は?


ガムテープを使用したすね毛処理というのは、昔からあるやり方の一つですが、昔も今もガムテープ脱毛はNGとされている代表的なすね毛処理方法の一つです。早速ですが、ガムテープですね毛を抜くのがNGな理由をいくつか取り上げてみましょう。

すね毛を抜くのにガムテープがNGな理由1~肌への負担が大きい~


ガムテープですね毛を抜くというのはテープの粘着面に毛を付けてはがすような勢いで脱毛していくため、非常に『痛い』と感じることが多いです。この、痛いと感じることからもイメージできると思いますが、ガムテープ脱毛は非常に肌への深刻なダメージが懸念されるすね毛処理方法でもあります。

また、ガムテープで効率よくすね毛だけを処理できればいいのですが、最悪の場合は肌の角質まで一緒にはがしてしまうため、これが原因で肌荒れを起こす可能性も指摘されています。安全にすね毛を抜くことができる、という方法でないところがガムテープ脱毛がNGとされている大きな理由の一つです。

すね毛を抜くのにガムテープがNGな理由2~毛穴が大きく開き雑菌が侵入~


ガムテープですね毛を抜くというのは、力任せもいいところですから当然毛穴も大きく開く可能性が大きいです。そして、その大きく開いた毛穴を放置しておくとそこから雑菌が侵入してきてさまざまな肌の異常を引き起こす可能性もあります。

具体的には、毛穴が雑菌などにより炎症を起こすと、その炎症部分を修復する力が働くため毛穴を塞いでしまい、その状態を放置しておくことで最終的には埋没毛となってしまうケースなどが該当します。

この埋没毛は無理やりほじくり返そうとすると、皮膚に余計に傷が付き、最悪の場合は出血を伴ったり、かさぶたが形成されて色素沈着を起こすこともあります。埋没毛は基本的には放置しておくことでも改善できるため、体に重要な害を与えることはないですが、見た目も綺麗にしたいという方にとってはガムテープ脱毛というのは決してベストな選択ではないでしょう。

すね毛を抜くのにガムテープがNGな理由3~逆に毛が濃くなる~


ガムテープ脱毛は前述のように毛穴を大きく開いてしまうというデメリットがあります。この状態になると、炎症などの心配の他にも、逆にすね毛が濃くなる可能性も出てくることになります。毛穴が大きくなるということは、その分毛が生えてくるスペースも広くなったということですから、以前よりも大きくて太い毛が生えてきやすくなるわけですね。

また、酷い時には一つの毛穴から複数のすね毛が生えてくる可能性も指摘されているため、処理直後はスッキリとした見た目でも、しばらく放置しておくと以前よりすね毛が濃くなってしまったという事態にもなりかねないでしょう。

すね毛脱毛は必ず安心・安全な方法で実践しよう


今回は、ガムテープですね毛を抜くことの代表的なデメリットを取り上げてきましたが、いかがでしたでしょうか?すね毛処理の方法は色々ありますが、どの処理の仕方もメリットとデメリットがあります。

しかし、ガムテープですね毛を抜くという方法は基本的にはデメリットしか存在しないため、仮にすね毛処理の道具やアイテムを所持していない場合でも絶対に行わないようにしましょう。

幸いなことに、すね毛処理の方法というのは脱毛サロン、家庭用脱毛器、カミソリ、バリカン、除毛クリームなど探せば豊富にあります。すね毛処理で大切なのは如何に、肌に負担をかけずに安心、安全に処理できるかということです。初めて、すね毛処理を行う方などはぜひ参考にしてください。