すね毛を剃ると濃くなるのは本当?対策を教えて!

guy-791395_640.jpg


すね毛処理の代表的な方法の一つに『剃る』というものがありますよね。この剃るという行為ですが、自宅で手軽に行える反面、剃ることで濃くなるともいわれています。すね毛を処理したいと思って剃っているのに、逆に濃くなるのは嫌ですよね?そこで、今回はすね毛を剃ると毛は濃くなるのか?、という疑問について迫ってみたいと思います。

すね毛を剃ると濃くなるのは本当か?


すね毛を剃ると逆に濃くなるという話は昔から聞きますが、実際にはどうなのでしょうか?これは、半分はウソであり、半分は真実といったほうが正しいのかもしれません。すね毛の剃り方にもよりますが、基本的には『濃く見える』ということはあります。

すね毛というのは、一度剃って伸ばした毛とそのままの状態で残しておいた毛を比較してみるとわかりますが、一度剃った毛のほうが太く、そして濃く見えます。ただし、濃くなったではなく、あくまでも濃く見えるようになっているだけです。

その濃く見えるからくりは非常に簡単なものですが、すね毛を剃るということは一度根元で毛を切るということですよね?そして、基本的に毛の先端と根元のほうでは根元のほうが太いわけです。これは髪の毛を見てもらえばわかると思いますが、先端のほうが細いのが理解できると思います。

そして、その剃ったすね毛というのは、太い状態からそのまま伸びてくるため、これにより毛が濃くなったように見えるのです。実際には太さそのものは、変わってはいないものの、根元の太い部分が先端になったことでこのような現象が起きます。

すね毛を剃る方法を間違えると本当に濃くなる可能性もあるので要注意


『濃く見えるだけなら、すね毛を剃るのに気を使う必要はないな』と安心している方もいると思いますが、実はすね毛は剃り方によっては本当に濃くなる場合もあるのでこの点は注意しておきたいところです。本当にすね毛が濃くなる大きな理由に毛が外敵から身を守ろうとする力が働くことが挙げられます。

これは、すね毛処理でいったらカミソリなどで肌を傷つけるような剃り方をした場合などが該当しますが、毛というのは本来、さまざまな外敵から身を守ろうとするためにある器官です。そのため、肌を傷つけるような剃り方をすることで、すね毛が肌を守ろうという力を発揮して以前よりも濃くなるケースがあります。

このような状況になると本当にすね毛が濃くなっているため、すね毛を剃る時には肌に優しくアプローチをかけていくことが大切です。カミソリを力いっぱい押し付けて剃ったり、毎日すね毛処理をするなどのやり方は肌に対して非常にストレスがかかるため、注意するようにしましょう。

すね毛を剃った後には保湿クリームなどを活用しよう!


すね毛を剃る時に肌を傷つけないようにといわれても、実際には肌に直接カミソリなどを当てるため、無傷というのは難しいですよね。そのような時は、すね毛処理を終えた後に肌荒れなどを防ぐ目的で保湿クリームなどを使用するようにしましょう。

このような対策を施すことで、肌の傷みを最小限にとどめることが可能となり、健康的な肌を維持しやすくなります。また、すね毛処理の際にいつもカミソリ負けをしてしまい、肌がかゆくなるという方はオロナインやかゆみ専用のクリームなどとの併用もおすすめです。